優しく洗ってほしい…敏感肌用洗顔石鹸

いつもと違う化粧品を使うと首や瞼など柔らかい部分が赤くかぶれたり、季節の変わり目には肌がピリピリしたり。敏感肌の人は、洗顔石鹸選びも慎重にならざるをえません。肌に汚れが残っているとトラブルの原因になるけれど、強すぎる洗浄成分では肌本来のバリア機能が低下してトラブルが…難しいところです。敏感肌の人に嬉しい、低刺激の洗顔石鹸を集めました。
敏感肌向け低刺激スキンケアのブランドといえば、資生堂の「dプログラム」シリーズ。このシリーズのの顔と体の両方に使えるコンディショニングソープは、無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリーなど、肌への気遣いがいっぱい。刺激は押さえながらも、汚れはきちんと落とします。「ママとベビーが一緒に使える石鹸」とうたっているのは、MOPLEの「プレミアム洗顔石鹸」です。静岡県朝霧高原の牛の初乳(出産後約1週間しかとれない、栄養価が特に高い牛乳)を原料にしているため、肌に栄養が補給され、保湿効果で洗い上がりもしっとりだと評判です。肌の状態を不安定にする乾燥を防ぐ効果が高いのは、オルビスの「アクアフェイシャルソープ」。洗い上がりはキュキュッとさっぱりなのに、肌の瑞々しさは奪いません。値段も手ごろで、毎日使う洗顔石鹸にはピッタリです。
敏感肌用の洗顔石鹸は、サンプルをもらえるものが多いので、心配な人は1度試してみると良いですね。

Copyright(c) 美肌は洗顔から!キレイの基礎を作る洗顔石鹸 All Rights Reserved.